MENU

男のワキガ対策

こんにちわ、健太郎です^^。このページでは男のワキガ対策について書いています^^

 

 

ワキガ臭がする男性が多い理由について。ワキガと体臭は根本的に違いますので、ワキガ臭がする方はしっかりと対応をする必要があります。

 

メンズラポマイン

クリアネオ



クリアネオ

 

自分のワキガのニオイについて

 

男 ワキガ デオドラント

 

人のワキガ臭は耐えられないのに、自分のワキガのニオイは気付かない。これはウソのような本当の話です。

 

 

理由としては、人間の本能で防衛本能があるのですが、その防衛本能が外部の敵を感知しやすい様に、自分のニオイを消すと言われています。いくら自分がクサイニオイを発していても、本能や防衛機能が働き、自分のニオイに対して盲目にしてしまうというのが人間に備わった機能だそうです。

 

 

また、子供の頃から自分のワキガを嗅いでいるという部分で、そもそもそのニオイに慣れてしまうというのも、当然ですがあります。

 

 

ワキガは突然変異でいきなりなるのではなく、遺伝要素が強い為、自分の周りにもワキガ臭が漂っている環境で小さい時過ごしているという可能性が高いので、ワキガではない人以上にワキガのニオイについて慣れが生じているという部分も、自分のワキガ臭に気付かない要因です。

 

ワキガは遺伝する

 

ワキガは遺伝すると言われています。

 

 

両親のドチラかがワキガであれば、自分がワキガの確率は50%、また、両親ともにワキガであれば、遺伝率は80%と言われています。

 

 

ワキガ家系というよりも、ワキガ自体は親がそうであれば高確率で引き継がれているという事がいえます。

 

 

つまり、祖父母もワキガである確率が高く、それだけ当たり前にニオイがする家系になる訳で、いよいよ自分のニオイが分からないという環境に置かれているために自分のワキのニオイに対して自覚がないのです。

 

 

また、ワキガ臭の原因はアポクリン汗腺から出る汗がニオイの元を含んでいるからですが、このアポクリン汗腺の量、大きさ、質なども、引き継ぐ際にちょっと異なる事があります。

 

 

ニオイがひどくなるパターンなのか、アポクリン汗腺自体が小さくなるパターンなのはは分かりません。

 

 

兄弟でもニオイがキツイ方、姉妹でもニオイがキツイ方がいるのは、遺伝要素に加えて、性徴期においてのアポクリン汗腺の育ち方の違いがあるからです。

 

ワキガの汗と『汗のニオイ』は違います

 

成人男性、中高年の男性であれば、自分の体臭が気になると思いますが、概念的に言えば、ワキガのニオイと体臭、汗臭いニオイは全く別物です。

 

 

ワキガは、汗を放置することによって出る悪臭と思われている方もいますが、それは汗の出る種類、汗の成分の違いがあるのです。

 

 

一般的な汗はエクリン汗腺から出る汗で、水分が殆どです(ミネラルも含まれる)。エクリン汗腺の汗を放置したままだと、肌にある常在菌が汗や皮脂、垢をエサにして繁殖するので汗臭いニオイを出していきます。

 

 

常在菌が汗のクサイとか、体臭を決めるのですが、常在菌についてはコチラのページに詳しく書いていますので、そちらを見てもらえると分かると思います。

 

 

男性の場合、自分の汗に対して無頓着ですので、女性に比べると汗クサイニオイがしたり、体臭がキツかったりするので、普段から汗を放置する傾向がある方は自分の体臭には注意が必要です。

 

 

ワキガの臭い(ニオイ)はアポクリン汗腺から出る汗が原因です。この汗は、体温調整がメインのエクリン汗腺の汗と違い、同種確認、子孫を繁栄させる為に敢えてニオイが出る成分を含んでいます。

 

 

人間の進化につれて、同種確認などをしなくても良いようになりましたが、むかしの進化の名残として残っていると言われています。アポクリン汗腺から出る汗にはニオイがするように『タンパク質、アンモニア、脂質』などが含まれている為、これが肌の常在菌と混ざることで、あのワキガのニオイが出るという事です。

 

 

エクリン汗腺は体温調整の為にカラダに無数にありますが、アポクリン汗腺は脇、股間周り、足、耳、チクビなどにあります。

 

 

女性のチクビにもアポクリン汗腺がある理由は、産まれたばかりの赤ちゃんが自分んのお母さんのオッパイを飲むためだと言われています。

 

 

アポクリン汗腺の大きさ、量、質、また、普段の食生活、そしてニオイケアによって、ワキガのニオイに違いが産まれますので、自分がワキガというのを理解して、その対策をしているかどうかというのが大事なポイントになります。

 

 

ワキガ体質の方は、普通の人と同様にカラダを清潔にしていても、ニオイの素の汗を多くかくのでニオイがし易いんですね。

 

 

黒人、アラブ系の方は非常に高い割合でアポクリン汗腺が発達していて、アジアは非常にアポクリン汗腺が少ない人種です。

 

 

ですので、慣れていないニオイという事もあり、ワキガに対しての嫌悪感が強い傾向があります。

 

メンズラポマイン

クリアネオ



クリアネオ

 

男性の方が女性よりもワキガ臭がする理由について

 

男性の方が女性よりもワキガ臭が強いと感じる方が多いですが、

 

  • 男性は脇毛を生やしたまま
  • 男性はニオイに対して無頓着であるので目立つ

 

からだと言われています。

 

 

脇毛の濃さとワキガには関係があると言われているのですが、それ以前に脇毛があることで、菌が繁殖しやすい状態なんですね。

 

 

かいた汗は、アポクリン汗腺、エクリン汗腺に限らず、常在菌のエサです。常在菌が汗、皮脂、垢をエサにして増える為、体臭やクサイニオイを出すのですから、脇毛がボーボーであればそれだけ汗が脇毛に絡んでいる状態になります。

 

 

ですので、脇毛を生やしっぱなしにしている方と、しっかりとケアしている女性では、汗が脇に残る確率が減るという部分で同じアポクリン汗腺の量と質でもニオイに大きな違いが出るのです。

 

 

脇は普通の状態では閉じているので、それだけでもこもる状態です。脇自体が高温多湿であり、それだけでも菌が繁殖しやすい条件なんです^^;

 

 

オフロでも脇毛があることで、汗をキレイにするのが面倒だという男性も多いので、そういった部分ではやはり脇毛があるのはクサイ条件の1つなのかもしれません。

 

 

また、男性は特に自分のニオイに無頓着です。多くの男性が自分のニオイについて『クサイのかクサくないのか、そもそもそういった概念すら持っていない』という状況の場合も多いのです。

 

 

また、中高年の加齢臭のページでも書いたのですが、中高年の男性の方はワキガ予防、自分の体臭予防の為に消臭グッズを持つことが恥ずかしい行為と思っている方も多いのです。

 

 

ですので、いずれにしても無頓着や、ケアをしていないという部分がダメですので、ワキガかも、、、と思ったのであればちゃんとケアする、消臭対策をしっかりと意識するというのをするべきです。

 

 

そうするだけでも全然他人が感じるニオイが変わりますので、クサイと諦めること無くしっかりとケアに取り組んであげる事が大事です。

 

脇毛が濃いとワキガ臭がキツイ理由

 

脇毛が濃い人はワキガ臭がキツイという傾向があります。脇毛が濃いという事はそれだけ毛穴、汗腺が発達している証拠です。

 

 

毛穴が太いのであれば、それだけそれぞれの汗腺が発達していて、ワキガ体質の方はアポクリン汗腺自体も大きく太くなっていると考えられます。

 

 

脇毛が多いというのは、毛根の数も多いですので、アポクリン汗腺自体が多いという意味です。

 

 

傾向的には、脇毛が濃い人、また、脇毛を生やしっぱなしにしている方がワキガ臭がキツイんです。

 

 

ですので、男性の方がニオイが強いというのも納得出来る部分です。

 

メンズラポマイン

クリアネオ



クリアネオ

 

自分がワキガなのかを調べる方法

 

自分がワキガなのかどうか、これを調べるのは実は難しいです。例えば、自分がワキガであっても、アポクリン汗腺や食生活によって違うワキガのニオイになりますので、人のワキガの臭い(ニオイ)は『クサイ!!』と思います。

 

 

逆に、人に指摘されても自分のワキガ臭は気づきにくいのです。

 

 

更に、両親の遺伝によってワキガが決まること、自分の臭い(ニオイ)に対して人間は防衛本能によってあまり感じない様になっていることなどから、自分のワキガ臭はどんなに強烈でもニオイがしない様になっているのです。

 

 

そこで自分がワキガ臭がするのかどうかというセルフチェックがあるのですが、ほぼこの項目で答えが出ると言われていて、ワキガなのかどうかがわかります。

 

  • 耳垢が湿っている(キャラメル状であれば確定レベル)
  • 脇毛の量が太くて多い(毛根の量などで確率が上がる)
  • 衣類、下着が黄ばむ(アポクリン汗腺の汗は黄色っぽい)
  • 両親、またはいずれの親がワキガ
  • 食生活が肉中心(色生活は体臭と大きく関わる)

 

ワキガであっても、アポクリン汗腺の量、大きさ、そして食生活によってニオイのレベルが変わります。また、当然ですが、普段のケアによっても全くニオイのレベルが変わります。

 

 

ワキガであっても『自分はワキガのニオイがする人間だ』と思って普段の生活する人と、むとんちゃくにしている人、気付かない人では全く人が受け止めるニオイが違ってきます。

 

 

例え自分がワキガでも、出来るだけ抑える、また無臭レベルにまで引き下げる事も十分に可能ですので、しっかりと自覚してニオイを受け止める勇気も大事です。

 

ワキガ手術のデメリットについて

 

ワキガ手術という選択もあります。

 

 

ただし、ワキガ手術をしたからといって、全部がなくなるという事ではありません。

 

 

ワキガ手術の手法は、脇の下にあるアポクリン汗腺をひっかき出す方法(非直視下手術法)や、ドクターがしっかりと確認しながらアポクリン汗腺を除去していく方法(直視下手術法)に大きく分けられるのですが、全てにおいて、汗腺がゼロになるわけではないのです。

 

 

ボトックス注射などによって、汗腺を凝固するなどの手法もあります。

 

 

手術で汗腺を除去した場合でも汗腺は大きさ、深さがそれぞれバラバラですので、全てを除去する事が出来ません。

 

 

また、多少深い部分であれば、手術で小さくなることもありますが、傷が治るのと同様で、人間のカラダの仕組みで汗腺が復活する場合もあるのです。

 

 

切除する場合、傷跡なども残りますし、ドチラにしてもあまりオススメが出来ません。

 

 

女性の場合、ミラドライなどの手術方法があるのですが、男性の手術の場合はちょっと遅れているというか、新しい手法自体がないのが現状です。

 

ワキガでもケアする事でなんとかなる

 

男 ワキガ デオドラント

 

男性の場合、ワキガと気付いていない、ワキガと分かっていても市販のデオドラントだけという方が多い。

 

 

だからクサくなり、他人が不快なニオイを発しているのです。

 

 

しっかりと毎日のケアを意識することで、ニオイがゼロとはいかないまでも、不快で気付かれるニオイは回避できる可能性があります。

 

 

しっかりと対策する事、ワキガと自覚すること。

 

 

この事をするだけでも絶対に効果があると思いますので、ちゃんとワキガという事を自覚して、しっかりと対応していきましょう。

 

メンズラポマイン

クリアネオ


 

クリアネオ

 

男のワキガ対策のまとめ

 

男のワキガ対策として大事なことは、デオドラントを使わないで対策をする事です。ワキガ手術は男の場合、かなりのリスクがあります。ワキガ手術は、脇毛などの量によっても変わります。男は脇毛が多いですので、特に注意が必要です。夏は男はクサイですので^^;

 

男の方でワキガの悩みがある方は、ぜひデオドラントも市販に頼らず、しっかりと消臭効果があるワキガ対策に特化した物を使う事をオススメします。男でも恥ずかしがらず、ワキガ対策ケアをしていきましょう^^。