MENU

汗からオシッコの臭いが、、疲労臭について

こんにちわ、健太郎です。

 

汗 アンモニア臭

体からオシッコのニオイがする、、これって結構男性ばかりと思っていたのですが女性にもいるようです。

 

 

ぼくはたまにオシッコ臭がするのですが、これが結構自分で分かるレベルでクサい^^;滅多にしないので、他人のワキガのニオイとか体臭のレベルで自分のニオイが分かるんですよね。

 

 

で、イロイロと『体臭 オシッコのニオイ』、『体臭 アンモニア臭』って感じで調べた結果(笑)、このオシッコ臭のニオイは『疲労臭』と呼ばれている事が分かりました。

 

 

で、おそらく男性の方であれば30代中盤以降で以下の様な事を感じた方って結構いるような気がします。

 

  • 体からオシッコのニオイがする
  • 自分の洋服からオシッコのニオイがする
  • 誰かにアンモニア臭がするッて言われた事がある

 

こういった方は、何故疲労臭がするのかとか、その対応策とかについて調べてみましたので、良かったら参考にして下さい。

 

疲労臭と加齢臭は全く違います

 

とはいっても、体の抗酸化力が弱まってくるために加齢臭が出る訳ですから、あながち無関係ではないと思うのですが、それでも根本的には加齢臭と疲労臭ではニオイの質が違うので、勘違いしないようにしましょう。

 

 

逆に言えば、加齢臭とは無縁の方でもストレスが溜まったり、疲れてしまったりすることで、疲労臭が出てくる可能性があるということです。

 

 

汗がクサい理由、エクリン汗腺やアポクリン汗腺について

 

まず、疲労臭の前に、汗はアポクリン汗腺とエクリン汗腺から出るのですが、アポクリン汗腺はフェロモン的役割だったり、昔の同種確認の役割だったりの為に、汗の成分に『アンモニア、タンパク質』などを含んでいます。

 

 

エクリン汗腺からの汗はホトンドが水ですが、体温調整のための汗とは違い、アポクリン汗腺はあえてにおわせる為に、汗の中に『ニオイ成分』が入っているのです。

 

 

そして、汗をかいて皮膚上に残った時、皮膚の上にある無数の常在菌の繁殖の際、残った汗、垢、皮脂などを栄養として増えてきます。

 

 

そして常在菌が出すカスが『汗のニオイ』になるのです。更に、その汗が『殆ど水分のエクリン汗腺』と、『ニオイの素が含まれているアポクリン汗腺』では常在菌が出すカスのニオイの種類が全く変わってくるのです。

 

 

ワキガはアポクリン汗腺から出る汗を分解しているので、あの独特のニオイがするのです。

 

 

この汗の出る仕組み自体を知っておくことです。

 

疲労臭について

 

疲労臭のニオイですが、本当にオシッコのニオイがします。体や服からオシッコ臭、アンモニア臭がします。

 

 

本当にオシッコがかかって、暫く乾燥した感じっていうか(笑)。あのオシッコの様に100%アンモニアって感じではないですが、この服を人に臭われたら結構恥ずかしいです(笑)

 

 

このアンモニア臭ですが『疲労臭』と言って、体に疲れが溜まった際に出るニオイです。

 

 

昨日疲れて今日いきなりオシッコ臭が出るってワケではないですが、一般的に疲れが溜まって来た際に出てくる感じです。

 

 

デオドランドや、香水を使ってもオシッコのニオイなので、基本的にごまかすのがツラい感じがします。

 

 

通常、一般的な体臭と呼ばれるもの(加齢臭、ワキガ、汗臭さ)などは、先ほど言ったように汗と皮膚上の常在菌が混ざる事によって出るニオイ、つまり、常在菌が増える時に出すカスがクサいのです。

 

 

しかし、疲労臭(アンモニア臭)の場合、体の中から直接クサいニオイの素となる成分が出るという事が通常の体臭のニオイと違う所です。

 

 

この直接出るものこそアンモニアなんですね^^;つまり、汗腺からオシッコが出ているのと一緒なんです^^;って笑えませんね、、男の場合、とくに通常の体の洗浄などに興味がなく、ニオイケアが出来ていない人が多いので更にタチが悪いのです。

 

アンモニアが体内で出来る仕組みについて

 

ではアンモニアっていうのは、体内でどういった形で出来ていくのかということですが、タンパク質が体で分解されることによって出来る成分です。

 

 

筋トレをして筋肉を使ったり、仕事をして筋肉を使ったり、肝臓でタンパク質が代謝されたりと、僕達が生活しているうえでは常に使われているモノです。

 

 

アンモニア自体は非常に毒性が強いために、肝臓で尿素に作り変えられます。そしてオシッコとして排出されるのです。

 

 

で、オシッコ臭、疲労臭なのですが何らかの原因で『アンモニアを尿素に変換する機能を超えた』際、尿素に変えることが出来なかったアンモニアが汗と混ざり、そこであのオシッコの様なニオイになるわけですね^^;

 

疲労臭の原因

 

こういった尿素に出来なかったアンモニアが出来る原因は

 

  • 過度の運動による筋肉疲労の蓄積(筋トレなどのやり過ぎ)
  • 飲酒などの肝機能の低下
  • 肉などのタンパク質の摂り過ぎ
  • プロテインの飲み過ぎ(過剰摂取)
  • 便秘などの腸内環境の崩れ
  • ストレスなどの免疫力の低下
  • 汗をかかない

 

などがあります。汗をかかないと汗腺機能が低下します。そうすると汗を作る際に汗腺から血液中に戻されていたアンモニア成分などがそのまま汗に戻るようになります。

 

 

僕も筋トレをしているとき、いきなりオシッコのニオイがするようになったので、やはりアンモニアが血中に混ざっている様になっていたのでしょうね。

 

 

女性が汗をかかないので結構女性にも多く疲労臭ってみられるようですが、やはり男性の方がオシッコ臭で悩んでいる方が多いような気がします。

 

疲労臭、アンモニア臭がきつくなってきた時の対応

 

疲労臭は、汗にアンモニアが出るために出てくるニオイです。ですので、アンモニアを通常の尿素に変えるくらいまでのレベルまですればニオイが治まってきます。

 

  • しっかりと汗をかくこと
  • 長めの入浴
  • しっかりと水分を摂り、血中濃度を薄める
  • 規則正しい生活を心がけること
  • 十分な睡眠をとってストレスを溜めないこと
  • 肝臓の負担にならない様にお酒の飲み過ぎには注意すること
  • 過度な肉食を避け、納豆、乳酸菌、野菜などを食べること
  • プロテインなどの飲み過ぎにも注意

 

 

こういった部分をしっかりと意識すれば自然とアンモニア臭はなくなってきますので、意識して下さい。

 

 

入浴は疲労臭を抑えてくれます。男性の場合、入浴が速いと思いますがゆったりと風呂につかることで、筋肉疲労が低減してリラックスするためにかなりの効果が期待できます。

 

 

また、やっぱり『疲労臭』と呼ばれるくらいですので、なるべく疲れない状態を作ることが大事です。

 

オルニチンやクエン酸などが効果的

 

サプリメントなどで効果的なのが『オルニチン』『クエン酸』です。

 

 

オルニチンは、肝臓の働きを正常に保ち、疲労回復を助けるアミノ酸の一種です。通常シジミに多く含まれると言われており、サプリなども出ています。

 

 

また、体臭予防にも効果が高いと言われている為、女性の間で人気があるようです。

 

 

更にはオルニチンを飲むことで

 

  • 飲み過ぎなどの肝臓機能の低下を助ける
  • 疲労臭が消える
  • その他の体臭も消える
  • 元気になる、疲れが残らない
  • 二日酔いをしにくい体になる
  • 肝臓をしっかりと守り疲労回復を助ける

 

などの効果もあるようです。

 

 

シジミを毎日飲むということは男性にとっては無理な事です(笑)。奥さんがいても同様で無理な注文でしょう。

 

 

最近ではシジミサプリメントなどが出ていますがシジミの質によっても粗悪品があるため、安いものに飛びつくのは意味がないので注意しておきましょう。

 

 

web上で売れているオルニチンサプリでオススメは以下のサプリメントです。

 

しじみん

 

Wのオルニチン

 

 

オルニチンサイクルについて

 

口からオルニチンを摂取することで、腸で吸収、肝臓や腎臓、筋肉に運ばれていきます。

 

 

そして、肝臓にたどり着くと『オルニチンサイクル(尿素回路)』というアンモニアを代謝する経路で働いて、アンモニアの解毒を促進していきます。

 

 

エネルギーの産出を邪魔して、疲労の素と言われているアンモニアを分解するのがオルニチンサイクルと呼ばれているアンモニアを分解する仕組みです。

 

 

オルニチンが増加することでオルニチンサイクルが活発化していきますのでアンモニア分泌を高めていきます。

 

 

このオルニチンサイクルは尿素回路とも言って、肝細胞内にあり尿素を合成する為の代謝の回路です。

 

 

アミノ酸の代謝や激しい運動によって生じる有害なアンモニア肝臓中のオルニチンと反応して、無毒な尿素に変換されます。

 

 

その際にオルニチンは再生されて再び回路に入っていきます。

 

疲労臭の抜本的な改善ではないが、清潔にしてかいた汗もしっかりとケアするしかない

 

ワキガ、通常の体臭とは違い、疲労臭は汗にアンモニアが混じっている状態です。

 

 

ですので、かいた時に無臭で、常在菌と混ざって始めて臭い(ニオイ)出すエクリン汗腺、アポクリン汗腺の汗とは違い、汗をかいた瞬間からクサい(アンモニア臭)のが疲労臭の特徴です。

 

 

蒸発すると更にアンモニア臭がきつくなってきます。服にもニオイが付きます。

 

 

オルニチンやクエン酸を摂取する、そして上記に書いているような事を注意し、更にお酒の量を控えることで肝臓に負担をかけないようにすることで疲労臭は収まるのですが、収まるまでそのままというわけには行きません。

 

 

ですので、しっかりとニオイのケアをしてあげることが大事です。

 

 

かいた汗はアンモニア臭がするために、その汗を放置しておくと、通常の汗と同様に混ざり、今度は菌が繁殖する際にも体臭や汗臭いニオイを発するようになります。

 

 

できるだけニオイを抑えるためには、しっかりとニオイケアをするという事も大事です。

 

加齢臭

 

疲労臭、アンモニア臭まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

自分の体からオシッコ臭が出るのが疲労臭であり、体内のアンモニアが汗に混ざる為に出る不快なニオイの一種です。

 

 

疲労臭、アンモニア臭を抑えるためには、できるだけ肝臓に負担をかけないこと、お酒などを控えたりすることで改善が出来る様になります。

 

 

また、疲労臭の場合『かいた汗にアンモニアが混ざっている状態なので最初からクサい』というのが特徴です。

 

 

通常の汗と違って、汗をかいた瞬間からクサいというのも覚えておく必要があります。ですので内面から治していく事が重要。

 

 

そして、そのオシッコ臭、体からアンモニア臭が出る以外のニオイ、体臭、ワキガ、加齢臭の場合は『かいた汗自体は、アポクリン汗腺の汗もエクリン汗腺の汗も無臭で、常在菌と混ざり、菌の増殖の際に出すカスがクサい』為に、汗を放置しないことが重要です。

 

 

こまめに汗を拭くこと、疲労臭の場合は、かいている際にすでにオシッコのニオイがするので、皮膚上におかない事です。

 

 

そして常に注意しながらニオイケアをすること。

 

 

また、疲労臭は疲れがたまって出るアンモニア臭ですので、しっかりと疲労をとったり、むちゃな事をしない事が大事です。

 

 

しっかりと意識して、取り組んでいきましょう。

 

しじみん

 

Wのオルニチン

体臭・ワキガ・全ておまかせ!

クリアネオ メンズ

メンズラポマイン



クリアネオ