MENU

【日々のケア】男の体臭対策

メンズラポマイン

クリアネオ



クリアネオ

男性の体臭の原因

こんにちわ、健太郎です。
加齢によって体臭がキツくなるのですが、加齢臭と呼ばれるニオイとか体臭全般、、自分が思っている以上に強烈な様です。

 

【目次】

    1. 加齢臭、体臭がキツくなる原因
    2. 衣類のタバコ臭、汚れも体臭の原因
    3. 加齢になると臭う所を知っておく

 

加齢臭、体臭がキツくなる原因

 

よく男臭いとか言われるニオイですが、加齢臭とかは30代を境に誰でも発生する臭い(ニオイ)だと言われています。その原因として、皮脂腺の脂肪成分が酸化して、過酸化脂質になることが挙げられます。この酸化した脂肪成分の事をノネナールと言います。

 

 

ノネナールは誰でも(女性でも)発生する臭い(ニオイ)ですが、女性の場合は消臭予防をしているために、普段の段階である程度抑えれています。アポクリン汗腺(ニオイがする汗)でも、エクリン汗腺(無臭の汗)でも汗自体は無臭です。

 

 

しかし、汗が皮膚にそのままあればそれが常在菌以外の菌の栄養になり、皮脂、垢を元に悪臭を放つようになるのです。ですから、男性は基本的にクサいニオイがする可能性が高いわけですね^^;

 

 

しかも、男らしいとか、女みたいとかの理由で消臭グッズとかを持つことに恥ずかしさを覚えるのが男ですので(笑)、加齢臭などに気づかずに普通に体臭がキツイ状態になっている事があります。

 

 

加齢臭の原因は、年齢を重ねることで体内の抗酸化力が弱る為に、過酸化脂質が増加するからです。

 

 

ですので、抗酸化力が弱っていくにも関わらず、20代のままのケアや風呂での身体の洗い方をしているとどんどん体臭がきつくなり、アブラが腐った様なニオイを常に発している状態になるのです。

 

 

例えば、若い時であればボディソープで坊主頭をゴシゴシ洗い、身体もゴシゴシ洗い、適当に消臭コロンなどを塗っても、ワキガとかではない限り悪臭、体臭はしなかったのですが、加齢臭が出る年齢になってこういった適当な洗浄をしていると常にクサい状態になってしまいます。

 

 

若い時にも男のニオイがする事がありますが、抗酸化力があるためにナイロンタオルなどでゴシゴシ洗ったらニオイは取れていました。しかし、加齢になると抗酸化力が弱っているため、常在菌が24時間で戻ることが出来ません。

 

 

結果、首周り、脇、耳の裏そういったところから油臭いニオイがする、これが加齢臭とか体臭になって不快に感じるニオイを発するようになるのです。

 

30歳から出ている加齢臭、その原因

 

加齢臭 原因

 

男性特有のニオイ加齢臭ですが、油臭いとか、おっさん臭いとか言われています。女性が嫌がるニオイなのは、女性が今まで嗅いだことないニオイだからと言われています。実は、祖父母と暮らしていた事がある女性の場合、加齢臭に対しては抵抗がないと言われていますが、今は一世帯がメインですので、余計に抵抗があるようです。

 

 

女性が決して持っていないニオイという事ではなく、単純に女性の方がニオイに対して神経質なので、ケアをしっかりしている人が多く、そういった意味で中高年の男性特有のニオイという位置づけて認識されているのが加齢臭です。

 

 

この加齢臭ですが、オッサンという年代の区切りが明確ではありませんが、実は30歳以上の男性であれば誰でも起こりえるニオイだと言われています。そして、一番の問題は男性自体が加齢臭が自分で出ている事に気付いていないという事です。

 

 

この加齢臭の原因ですが、皮脂を分解する皮脂腺の中にあるパルミトオレイン酸という脂肪酸、そして過酸化脂質が増加して、結びついて分解、酸化されてデキる物質なのです。

 

 

なぜ30歳以上から加齢臭が出てくるかというと、30歳を過ぎた頃から、男性のカラダの抗酸化力が低下するため、ニオイの原因物質であるパルミトオレイン酸、過酸化脂質が増加するためです。

 

 

更に、男性の場合、ニオイ自体に気づいていることがない、また、多少は気付いていても、そこまで意識していないという所でニオイが女性よりもする傾向があるのです。

 

 

生活習慣が更に加齢臭を加速する原因に!

 

更に、男性の場合、仕事でのストレスという部分において20歳の後半くらいから始まる場合が多いです。

 

 

あと、喫煙、飲酒、不規則な生活など、加齢臭を加速する生活をしている方であれば、はやければ20代の後半くらいからクサくなる傾向があると言われています。脂っこい食事、コンビニ中心の食事など、食事などもイヤな油臭がする原因となっています。

 

 

女性よりも男性の方が加齢臭がキツイと言われている原因としては、やはり普段の生活習慣による部分も多いのです。その上に自分のニオイ、着ている服などの無頓着なのであれば、尚更ニオイがキツくなるのは仕方がありません。

 

加齢臭のニオイが発生しやすい部位について

 

加齢臭が発生しやすい部位は、耳の後ろ側と言われています。このあたりが一番加齢臭がすると言われるには理由があります。

 

 

また、その他にも頭皮、クビの後ろ側、額から顔部分のTゾーンも加齢臭がクサい部分です。

 

 

カラダの部分では、胸部分、背中部分が加齢臭がクサくなると言われています。

 

 

なぜ、これらの部分が加齢臭のニオイがするのか、その理由は『皮脂腺が多いために汗をかきやすい。更には洗い残しが多い部分』だからです。

 

 

耳の裏というのは、自分で加齢臭がクサいという自覚がないと洗わない所ですよね^^;加齢臭のニオイを意識している方、原因は皮脂腺が多い所をしっかりと洗っていないからだ、、と思っている方であれば、常にそういった皮脂腺の多い部分をしっかりと洗われていると思います。

 

 

ところが『加齢臭ってオレは大丈夫!』と思っている場合、普通に洗い残しをする部位でもあります。イヤなニオイ、加齢臭の原因の部位は、洗い残しが多い部位というダブルの悲劇があります(笑)

 

 

まず、加齢臭というのは枕がクサくなるという風に言われますが、これはこういった加齢臭の原因となる皮脂腺が多い部位がアタマ、上半身に集中しているからなんですね。

 

 

加齢臭の原因部位が分かっているのであれば、そこをしっかりと普段のオフロでケアして洗い、そしてその部分に消臭クリームなどを塗ることで、加齢臭のニオイを極限にまで抑えることが出来ます。

 

 

加齢臭対策

クリアネオ


柿渋石鹸などの固形物よりも、経験から絶対にボディーソープをオススメします。液体ですので成分をバランスよく配合出来る事、泡立ちがよく汚れが落ちやすい、常在菌まで殺さない優しい洗い心地、また、最後まで品質が変わらずに使うことが出来るなど、石鹸よりもボディーソープ派の方は多いですよ^^。

 

加齢臭の原因物質を毎日のオフロで洗う事

 

加齢臭の原因物質は、洗いにくい、洗い忘れが多い部位、また、さらに言えばいくら洗っても通常の石鹸では落ちにくい物質です。ここが更に加齢臭を臭くする原因を引き起こしているのです。

 

 

体臭というのは、部位、汗の汗腺の違いによって、人それぞれ違います。

 

 

男性に限らず、人の皮膚は皮脂を分泌する穴と、汗を分泌する穴があります。ニオイの原因物質は、皮脂を分泌する穴から発生するのです。

 

 

 

女性が嫌がる、特に年頃の女子がいる家庭などでは特に加齢臭が嫌がれる傾向がありますが、この加齢臭自体は30歳など、コドモが産まれる前や結婚する前からでもニオイが出ている可能性があるのです。

 

 

中高年独特というイメージがある男臭ですが、ケアしていないと若い自覚のない時からクサいニオイがしだす可能性もありますので、絶対に注意が必要です。

 

男性臭、加齢臭などの体臭ケアは恋愛でも大事、、

 

どんなにイケメン、どんなに仕事がバリバリにこなせていても、体臭がクサい、加齢臭がクサいという男性は女性は敬遠するそうです。

  • 好みの顔であるが体臭がキツい男性
  • 好みの顔ではないがいい匂いがする男性

これでは8割位の女性が『いい匂い』がする男性を選び、また『クサいという理由でその人を嫌いになるか?』という答えには7割の女性が『はい』と答えているそうです。

 

 

 

加齢臭がキツイと、子どもや奥さんに『枕や衣類を別に洗って欲しい』などと言われ、かなりのショックを受けている男性も多いです。

 

 

また、教えてや知恵袋でも、深刻な悩みとして、体臭、加齢臭などの事も書かれています。そういった部分では、加齢臭や男性臭というのは女性には馴染みがなく、不愉快なニオイという部分で、男性側がしっかりと日々のケアをする必要があるのではないでしょうか。

 

加齢臭の原因物質の汚れを取り、男臭を無くすボディーソープ

 

男性の体臭、加齢臭の原因は『汗と菌』です。体臭を決定づける常在菌についてはコチラのページに書いていますが、普段のフロでもしっかりとケアをして汚れを取り除き、皮脂腺が多い部分はしっかりと洗い流す事が大事です。

 

 

何度も説明してますが、加齢臭の原因は、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と過酸化脂質が増加する事で発生します。

 

 

当サイトでお勧めしているクリアネオボディーソープですが、イソプロピルメチルフェノールと柿渋エキス(柿タンニン)が、加齢臭の原因となる物質をシッカリと取り除いてくれる為に、悪臭を予防します。

 

 

また、制汗成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛が入っているために、極力汗をかかない皮膚に保ってくれます。

 

 

皮脂腺の油は夜寝るときにも大量に出ます。だから、加齢臭はまくらがクサくなるのです。普段からでもしっかりとオフロで洗浄する癖を付けていると、加齢臭は抑えることがデキるでしょう。

 

 

皮脂は毎日作られていきます。当然、残っていけばそれだけ体臭や加齢臭はひどくなってくるので、毎日のオフロでしっかりと加齢臭の原因を取り除き、ニオイのしないカラダへと変えていく事が必要になってきます。

 

衣類のタバコ臭、汚れも体臭の原因

 

ニオイの原因としては、自分の身体から発する汗というのは基本的に無臭ですので、この汗と合わさえる菌、汚れの原因を持っておく事が体臭、加齢臭の要因になります。

 

 

例えば、抗酸化力が弱い年代(20代後半〜)でナイロンタオルで通常のアルカリ性の石鹸でゴシゴシ擦ることで、皮膚上の常在菌が一気に減ります。そうすると皮膚の上は常在菌主体ではなく悪玉菌主体になるため、エクリン汗腺からでる無臭の汗でも皮脂、汚れ、垢と一緒になって体臭となります。

 

 

無臭の汗と合わさっても悪臭になる原因は、普段の風呂で常在菌を落とす様にゴシゴシ洗う事以外にも、衣類についている不潔な汚れがあります。それがホコリや垢、皮脂の残りです。衣類を洗っている状態でも、繊維の奥には洗濯で取れなかった汚れが存在しています。

 

 

服が古かったり、お気に入りだったり、人に見られないので下着は破れるまでだったり、、男はむとんちゃくですので、そういった服にもニオイを出す原因の皮脂や垢の残りが繊維の奥に詰まっているので、普段着ている服は破れるまで着ない事ですね^^。

 

 

体臭は元々の汗のニオイというよりも、汗が染み込む衣類が原因だったり、汗が出て放置していたり、皮膚上に常在菌が少なかったり、、こういった事が原因の事が多いのです。

 

加齢になると臭う所を知っておく

 

しかも、体臭というのは自分では全く気付いていない事が多いです。枕がクサいとかもよく言われますが、これも『言うほどないやろ』って感じですよね(笑)でも、家族とか、彼女とかは強烈にクサいかもしれません。

 

 

彼女とかも普通生活していない訳ですから、いきなりエッチの時に彼氏の布団にきますので思いっきり他人臭です。自分で意識している以上に相手の方は悪臭と思っている可能性があります。

 

 

加齢になると抗酸化力が弱る為にどんどんと悪臭、体臭がキツくなるのですが、それをしっかりと認識することが大事ではないかと思います。若いままで自分は臭くないとか、自分は体臭はしないから大丈夫という気持ちではダメです。

 

 

加齢臭というのは、ある程度の部位があります。この部分から嫌なニオイが発するという所があるんですね。

 

 

意識せずに適当に洗っている場合、ニオイの元になる汚れ、皮脂、垢が残ったままになるので、しっかりと洗うことを意識して下さい。

 

 

加齢臭や体臭がキツくなってくる部位は『首周り、耳の裏、脇、足、背中、へそ』です。こういった所は汗腺が多い部位ですし、加齢に伴い体臭が出てくるところです。この部分を適当に洗っていると悪臭がしますので、意識して洗って下さい。

 

 

また、洗う場合もアルカリ性の普通の石鹸や、ナイロンタオルでゴシゴシ洗うのはダメです。

 

 

常在菌を残す洗い方、酸性に保つ為の石鹸を使わないと、加齢臭や体臭がどんどんキツくなってきます。

 

 

まずしっかりと洗ってあげること、そして正しい洗い方で洗い、体臭予防のための石鹸やボディソープなどで洗ってあげることを意識してくださいね^^。

体臭・ワキガ・全ておまかせ!

クリアネオ メンズ

メンズラポマイン



クリアネオ