MENU

【日々のケア】男の体臭対策

メンズラポマイン

クリアネオ



クリアネオ

体臭を原因を知り、それを予防する!

こんにちわ、健太郎です。

 

体臭 原因

中年になってくるとイロイロな体臭が気になってきますが、若い時にあんまり自分のニオイに無頓着だったら、新しい自分のニオイが出てきた時に不安になってきますよね^^;

 

 

ニオイが分からないと、自分がどういった感じでクサイのか、どれくらい他の人に迷惑をかけているのかという部分が分かりませんので、やっぱりしっかりとしたニオイケアが必要になります。

 

 

夏なんかは特に汗臭い人が多く、また梅雨時期にもかなりクサイ人が増えます。これは服が原因ですが、服なども知らないとかなり悪臭となりますし、加齢臭などもちゃんと意識しておかないとホントに最悪なスメルハラスメントになります。

 

 

人間には防衛本能が備わっているので、周囲の危険なニオイを素早く感知出来るようにするため、自分の体臭などは気づきにくい様にできているようです。

 

 

>>体臭の原因は服にアリ!人を不快にしている服とのつきあい方
>>加齢臭の予防について|加齢臭の低年齢化が進んでいます

 

 

自分が思っている以上に体臭について神経質になる必要があるのではないでしょうか。今回は、体臭を悪化させている可能性がある習慣について書いていこうと思います。思い当たる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

また、体臭は清潔にしているだけではどうしようもなく、先天性のワキガなどもあります。しかし、殆どの場合、ワキガ以外の体臭で悩んでいる方も多く、ワキガ以外の体臭であれば、普段のフロでのケア、また、ワキガでもケアすることでニオイを極限にまで抑えることが出来ます。

 

ワキガの男性オスメスのデオドラントと予防と原因とか

 

汗をかかない状況を作ると汗がクサくなる

 

体臭 原因

ワキガなどの先天的なもの以外で、汗の質という部分で言えば、汗をかかない様な環境にあると汗がクサくなる傾向があります。

 

 

夏、エアコンの効いた部屋に長時間いると、汗があまり出ることがありません。殆どの男性がこういった環境で仕事をしていると思いますが、そういった場合、汗腺が働かないので機能が低下してしまいます。

 

 

汗が出ないということは、汗腺からの汗が出ることがないので汗腺の皮脂の汚れ、古い皮膚が溜まり、悪臭の原因になる事があります。

 

 

ですので、温度調整のために働いているエクリン汗腺に正常に働いてもらうためにはしっかりと汗をかく作業というのも大事です。

 

運動不足も体臭の原因

 

また、運動をしないのも汗が臭くなります。これも、汗腺の働きに関係があるのですが、通常運動している方は汗腺も発達しているために汗をかきます。

 

 

体温調整の為の汗はエクリン汗腺から出ますが、エクリン汗腺の汗は殆どが水分で、若干のミネラルを含んでいます。

 

 

運動をして、汗腺が発達している場合、体内でミネラルが発生しても、血液中に戻るため、ミネラルの含まないサラッとした汗になります。

 

 

しかし、日頃から運動不足の場合、汗腺が発達していないので、汗にミネラルが入ります。ミネラル入りの汗は悪臭です。

 

良い汗、悪い汗

 

ミネラルの話が出ましたが、

 

  • 良い汗・・乾きやすい、臭わない汗
  • 悪い汗・・乾きにくい、クサイ汗

 

というのが特徴で、これを決めるのがミネラルです。

 

 

エクリン汗腺から出る汗は、99%は水で出来ています。そして、残りがミネラルとなります。このミネラル分が多い場合、は臭くなるのです。

 

  • ミネラルが少ない・・・肌が弱酸性になり、菌が繁殖しないので臭くない
  • ミネラルが多い・・・肌がアルカリ性に傾く、悪い常在菌が繁殖してクサイ

 

こういった事になるのです。体臭を決めるのが菌の存在ですが、菌にもいい菌、悪い菌がありますので、ミネラルの存在が、皮膚上の菌の状態に反映されると言うことです。

 

 

皮膚上の菌についてはコチラのページを参考に^^。

 

体臭を悪化させる習慣について

 

では、具体的にどういった事をしていれば体臭が悪化するのか、汗クサイカラダになるのかという部分を説明します。

 

 

逆な言い方をすれば、臭い(ニオイ)を抑えるにはこの逆の事をする必要があります。

 

汗を放置しない

 

 

まず、大前提ですが汗を放置するのは絶対にダメです。

 

 

汗が臭うロジックは、皮膚上の常在菌が汗、皮脂、垢などをエサにして増殖する際に出る養分の臭い(ニオイ)です。

 

 

汗は6時間経つと一番臭いと言われています。

 

 

また、ワキガの原因のアポクリン汗腺の汗でも、ニオイが出るように『タンパク質、アンモニア、脂質』を含んでいるのですが、皮膚の出た状態スグは臭くありません。

 

 

汗は放置したままだから、常在菌が繁殖しだすのです。ですので、体臭を抑える、汗臭さを抑えるのであれば、まず汗をしっかりと拭くことが大事です。

 

 

例えばですが、フロに入ると汗が取れます。汗をとるのはいいのですが、夏などでは朝には汗を沢山かいてしまいます。寝汗ですね。

 

 

汗をかいて放置するとその場所で菌が繁殖しますので、汗、皮脂を分解してニオイを出していきます。

 

 

汗は長時間肌に放置すると悪臭のもとです。汗が引いていても、汗自体は皮膚にある状態です。ですので、しっかりと拭き取ることで改善できます。

 

便秘は体臭の元

 

 

案外知られていない事実として、便秘が体臭や汗臭さの元になっています。

 

 

通常、老廃物は便に混ざるのですが、それが腸に溜まったままであれば外に老廃物を出す手段が閉ざされるので、汗と一緒に出そうとします。

 

 

口臭や汗、その他の方法で老廃物を出そうとカラダが働くため、便秘が続くことでニオイやすいカラダになるのです。ですので、食物繊維などをシッカリと食べること、水をたくさん飲むことなどで改善する事が大事です。

 

お酒を飲み過ぎるとNG

 

 

運動せずにお酒をたくさん飲んだ場合、消化できなかったアルコールは、汗と一緒に分泌されます。

 

 

先ほどの便秘と同様、人間のカラダは良く出来ていて、別の方法でカラダの外に出そうと働きます。

 

 

アルコールは代謝される時に悪臭になるので、汗が凄くクサくなるのです。

 

 

お酒を飲むと、口臭が酒クサイですが、それと同様で、毛穴からアルコールのニオイがしたりする様になるので、注意が必要です。

 

動物性タンパク質や脂質の高い食べ物を食べる

 

 

にんにくやネギを食べると翌日体臭がキツくなるのは経験があると思います。肉食などをたべると同様に体臭がキツくなると言われています。

 

 

食生活は野菜中心の生活を送ることが大事です。また、揚げ物、スナック菓子等は、時間の経過とともに酸化しやすいので、腸内環境が悪化するために体臭がキツくなると言われています。

 

 

揚げ物、肉などを避け、ちゃんと野菜中心に食べる事を意識する事が大事です。

 

ストレスを溜める

 

 

 

ストレスも非常に危険です。ストレスは活性酸素を発生させます。

 

 

コチラの加齢臭についてのページにも書きましたが、活性酸素は、ニオイの原因になる脂肪酸を増やすので、体臭がきつくなります。

 

 

ストレスという精神的な部分が、体臭と大きく関係するので出来るだけストレスを溜めないようにすることが大事です。

 

対策について

 

ストレスを溜めない、また、汗をかかない環境に自分を置かないという部分に共通することはカラダを動かして汗をかき、ストレスを解消することになると思います。

 

 

カラダを動かすことで汗腺が活発になりますので、老廃物や角質が汗腺に詰まることがありませんし、ストレスを解消する事もできます。

 

 

ですので、仕事も大事ですがしっかりとカラダを動かす環境下に自分を置くこともしっかりと意識して生活する必要があります。

 

 

また、上にも書きましたが、汗をそのままにすると体臭となり臭くなるので、出来る限り汗を拭き取る事が大事ですが、仕事をしているのであればそれはちょっと厳しい時もあります。

 

 

そういった時でも、ワキガ専用の体臭防止のクリームなどを使ってしっかりとケアすることで抑えることが出来ます。

 

 

また、普段のフロでもちゃんと体臭を意識して弱酸性のボディソープなどを使って洗うといいですよ^^。

 

メンズラポマイン

クリアネオ



加齢臭