MENU

【日々のケア】男の体臭対策

メンズラポマイン

クリアネオ



クリアネオ

男の体臭対策が分かる!

こんにちわ、健太郎です^^。男性の体臭の対策の仕方について書いていきたいと思います。男性は特に加齢臭なども気になりますしね、、^^;

体臭 対策

 

 

また、体臭の対策って夏の汗が出るときって、比較的に頑張ってやる男性は多いんですけど、結局冬場も汗が出るため、それに無頓着になると汗臭い男になります。

 

 

 

汗の種類について

 

汗について、自分の体臭が気になるという男性は知っていると思いますが、汗には二つあります。エクリン汗腺から出る汗と、アポクリン汗腺から出る汗です。

 

 

通常ワキガなどの場合、アポクリン汗腺から出る汗が原因です。アポクリン汗腺から出る汗はあえてニオイが付いているため、常在菌が繁殖する際、このアポクリン汗腺を分解しはじめると、強烈なワキガ臭が出てきます。

 

 

アポクリン汗腺は人間の『子孫繁栄のため、同種確認のため』に、あえて汗の成分に『アンモニア、タンパク質、脂質』が含まれています。セックスする際に必要な所、フェロモンの様な役割と思ってもらっていいでしょう。

 

 

アポクリン汗腺の汗は、精神的に『性的興奮時、緊張した時』などに出る様に出来ています。

 

 

一方、アポクリン汗腺ではなくエクリン汗腺というものがカラダにはたくさんあります。このエクリン汗腺から出る汗は人間の体温調整の為に汗を出す為に、基本的に『水分と少しのミネラル』で出来ています。

 

 

あとで書きますが、このエクリン汗腺から出る汗にも『クサい汗、クサくない汗』というのがあるのですが、このクサい、クサくないという部分を決めるのがエクリン汗腺に含まれるミネラルの量です。

 

なぜ汗がクサくなるのか?

 

体臭 対策

 

体臭の対策をする上で大事な所は、汗がなぜクサくなるのかという事を知ることです。先ほど、アポクリン汗腺とエクリン汗腺というのを説明しました。

 

 

でも、アポクリン汗腺から出る汗も『ニオイが出る汗の成分』とはいえ、汗をかいた時から既にクサいという事ではないのです。

 

 

逆に言えば、エクリン汗腺でも水分だけの成分であっても、放置したままであれば段々とクサくなるのです。これが汗臭いというニオイですね。

 

 

大事なことですが、汗自体に臭い(ニオイ)はありません。エクリン汗腺の汗、アポクリン汗腺の汗両方も、最初からクサい訳ではなく、汗が肌に残っている状態にするとニオイが出る様になります。

 

 

皮膚上の汗が残っていると、その汗やアカ、皮脂が混ざり皮膚表面の菌が増殖していきます。

 

 

体臭が出る原因は菌の繁殖なのですが、皮膚には常在菌というのが存在しています。この常在菌が繁殖する時、人間の皮膚にある、『汗、皮脂、アカ、油』をエサにして繁殖するのです。そして、この繁殖する際排出する養分がアンモニア臭となり、汗臭い、またはアポクリン汗腺であればワキガ臭になるのです。

 

 

常在菌も腸内細菌と同様に、『いい常在菌、悪い常在菌』が存在します。ですので、良い常在菌の皮膚上にすることで、分解しながらでもクサくない成分を排出してくれるわけです。

 

 

常在菌と、良い常在菌を保つ普段の肌ケアについてはコチラのページに詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

 

 

汗自体にニオイがないという事、また、汗は放置して6時間後がもっともクサいという事。これが体臭対策をするために必要な知識です。

 

 

ということは、汗をかくとシャワーで洗い流す、またはしっかりと拭くなどを行うと体臭自体は抑えることが出来るという事になります。

 

 

こういった清潔にすることは大事ですが、やはり仕事中などは厳しいですし、汗をかいたたびに拭くというのは現実的ではありません。ですので、皮膚に残った汗に対して殺菌作用、そして、そもそも汗を抑える為の制汗作用のあるクリームやワキガデオドラントなどを使いながら、男性の場合は体臭対策をする必要があります。

 

クリアネオ メンズ

 

デオドラントバーム


 

ニオイ対策に

におわない男になれ。

 

エクリン汗腺の汗にも種類がある?『クサい汗』

 

アポクリン汗腺から出る汗がワキガの原因であり、アポクリン汗腺の汗は『ニオイがするためにニオイがする成分』を含んでいます。

 

 

そして、エクリン汗腺の汗は体温調整がメインですので、子孫繁栄、同種確認の為の汗のアポクリン汗腺とは違い、基本的に無色無臭の汗です。

 

 

しかし、汗自体は、皮膚上に残る限り汗クサくなったり、体臭の原因になります。

 

 

また、エクリン汗腺は体温調整ですので汗自体は水分、そして残りはミネラルです。

 

 

しかし、エクリン汗腺の汗にも、『クサくない良い汗(サラサラ汗)』そして、『ニオイがする悪い汗(ベタベタした汗)』が存在します。

 

 

経験があると思いますが、スポーツをしたあとの汗は気持ちよくサラサラしていて、満員電車、バスなどでかく汗はベタベタしている、、、というのを体験されていると思います。汗の違いの原因はミネラルの量なんですね。

 

  • 良い汗・・ミネラルが少ない
  • 悪い汗・・ミネラルが多い

 

というふうになります。

 

 

このミネラルですが、体臭対策には大事な『肌を弱酸性に保つ』役割を持っています。

 

 

ミネラルが含まれていない汗は、肌が弱酸性に保たれるために、菌が繁殖せずに体臭がしません。また、ミネラルが多い場合は肌がアルカリ性に偏るために、悪い常在菌が増える土壌を作る形になるのでニオイがしやすのです。

 

なぜミネラルがあると体臭に関係があるの?

 

汗をかくと、水分と一緒にミネラル分も排出されます。しかし、ミネラル分は再吸収されます。

 

 

汗に含まれるミネラルというのは人間の体にとって大事な成分ですので、排出しても、またカラダに取り入れろうとするのです。そうすると水分と塩分が残ります。

 

また通常、肌は弱酸性に保たれています。それは菌を殺菌する為です。弱酸性に肌がなっていれば、汗をかいても菌が繁殖しにくく、臭いにくくなるのです。また、アポクリン汗腺の汗の成分は『水分と塩分、ミネラル』出できています。

 

 

良い汗の場合ミネラル分も少ない為、乾きやすいのです。

 

 

しかし、悪い汗にはミネラルが多く含みます。脂っこいものが好きな人、普段汗をかかない人など。こういった方は汗腺機能が弱くなっているのです。

 

 

ミネラルが多い場合、肌がミネラルを吸収する速度と、汗に含まれるミネラルの量のバランスが悪くなります。ですので、 ミネラルが肌に残った状態になるのです。

 

 

ミネラルが肌に残るとアルカリ性が強くなるので、肌の殺菌作用がない状態です。コチラのページにも書いていますが、悪い常在菌優位の肌状態になっているんですね。

 

 

ですので、ミネラルの量というのは体臭に関係があるわけです。

 

 

脂っこいもの避け、運動をしようというのは、体温調整のための無臭のエクリン汗腺の汗に極力ミネラルを含ませない様にという意味があります。

 

ニオイ対策に

におわない男になれ。

 

冬場の体臭対策について

 

体臭 対策

 

男性の場合、冬の自分の体臭対策をしている人は殆どいないでしょう。

 

 

重ね着は通気性が悪いです。汗が蒸れてニオイがこもる。内側に閉じ込められて逃げ場をなくしたニオイは、上着を脱いだ時に一気に体臭として周囲に広がります。

 

 

また、冬という季節柄、汗臭いという相対数が減ります。日本人がワキガ臭に敏感なのはワキガ臭が相対的に少ないからです。アラブ圏内は100%近くがワキガ体質と言います。

 

 

そういった意味で、冬場は汗臭い人がいないために、自分が汗臭い状態、体臭がキツイ状態であれば、そのニオイは目立ってしまうという事です。

 

 

また、冬場は気温が低いです。気温が低い場合、それより高い温度の体温によりカラダのクサい体臭は気化して周囲に伝播しやすい状態になるのです。

 

 

つまり、冬場は、汗クサいニオイ、体臭が意識されやすい環境になるために、実は夏場以上に体臭対策をする必要があるともいえます。

 

 

 

日本人は、夏は代謝が低い、冬は高い状態になります。高いという事は、それだけ汗が出やすいという事。夏が汗をかきやすいと思っているかもしれませんが、実は代謝が高い冬の方が汗をかきやすい状態なのです。

 

 

冬は夏よりも汗の絶対量が減る時期なのは間違いないですが、クビ周り、背中、腰、頭皮、足など汗をかきやすい状態なのは間違いありません。

 

 

汗をかいてもすぐ引く為に、『汗をかいていにない』とカン違いし易い時期ですが、実は汗は常にかいている為に、体臭対策をしっかりと取る必要があります。

 

 

冬はまた、温度調整が難しいです。また、オフィスで厚着をさせて電気代を節約するという企業もふえています。気温が低くなる為に、室内に入った途端に汗が噴き出る経験をされている方も多いのではないでしょうか。

 

 

特に運動不足の場合、ベタベタした汗になりがちですので、しっかり汗対策が必要です。

 

 

 

冬だからといって安心せずに、しっかりと汗ケアをして体臭対策をする事が大事です。

 

クリアネオ メンズ


デオドラントバーム


 

夏場の体臭対策について

 

夏場は汗が普通に出るので、アポクリン汗腺に限らず、普通のエクリン汗腺からの汗からも注意が必要です。ずっと汗が皮膚上に残っているという事が普通にありますので、そういった場合は体臭がキツくなる可能性がありますので、、、

 

 

夏場も体臭がキツくなるのですが、やはり普段の汗ケア、フロでのケアが大事ですね。しっかりとした体臭対策用のボディーソープでニオイ対策を取る。

 

 

この事が大事です。

 

ニオイ対策に

におわない男になれ。

 

体臭対策のまとめ

 

体臭というのは、季節毎のニオイがする理由が違ったりします。ですので、意識してニオイについて理解することが大事です。

 

 

普段のフロでのケアも大事ですね。肌はアルカリ性になると体臭がきつくなります。通常のボディーソープであればアルカリ性によっている為に、体臭予防を意識するのであれば、弱酸性のニオイに特化したボディーソープを使うといいでしょう。

 

 

また、ボディーソープと石鹸タイプがありますが、色々なモノを使った結果、体臭対策には絶対にボディーソープがオススメです。理由としては

 

  • 液体なのでニオイ、体臭対策のための成分をバランスよく用途に応じて配合出来る事。ニオイ専用のボディーソープが出来ること。
  • 手間がかからず、泡の粒が大きいので泡立ちがよく、優しく洗うことができるので体臭に関係するニオイを根こそぎ落とせる。
  • 弱酸性なので、皮脂の落としすぎによるニオイの出ることを防ぐ。また、必要な皮膚常在菌を死滅させる事がないので、汗を分解する場合でも悪臭がしない。
  • 保存が長期出来るために、品質が管理できるので最後まで使うことができるので品質が長持ち出来る。

 

という事があります。

 

反対に、柿渋石鹸などの体臭予防石鹸が出ているのですが、石鹸のデメリットとしては

 

  • 個体は様々な成分を配合しないと固まらないので、ニオイ専用のモノを作ろうとしてもある程度の成分量の配合しか出来ない。
  • ボディーソープの様に、体臭に特化した成分だけでで構成すると固まらないという可能性がある
  • 泡立ちは良いが、溶かす手間がかかる。泡立てネットなどが必要。炭酸塩などのアルカリ助剤が配合されている場合が多い。
  • 洗浄力はボディーソープよりも高い。しかし、洗浄した皮膚は表皮排泄物だけではなく、余計な油分等を落としてしまいます。ですので必要な皮膚常在菌までが死滅してしまう為に、新たな雑菌が繁殖する恐れもあります。
  • 品質が劣化しやすいのが固形石鹸です。固形なので、蒸発などの影響で必要な成分も一緒に無くなる場合があります。

 

以上の様に、普段のフロで、体臭に特化したボディーソープなどで洗い、更には出た汗についてもしっかりと対応してあげる必要があります。

 

 

殆どの体臭は、気付いていないことから起こりますので、まずは体臭に対しての知識を深めて、それに応じた体臭対策をしてください。

体臭・ワキガ・全ておまかせ!

クリアネオ メンズ

メンズラポマイン



クリアネオ